エージェント活動 2019.11.28 UpDate

THURSDAY, NOVEMBER 28, 2019

FP的な話【社会保障】~国民健康保険の減免172,268円が47,501円になった話~

今日はとある市役所にて、国民健康保険料の減免申請の付き添いサービス。

 

国民健康保険の加入手続き、及び年金免除手続きのお手伝いをしました。又、住民税の減免・分納についてもアドバイスさせて頂きました。

 

これら三つ+『失業手当給付手続き』を合せて、失業時のトータルアドバイスをしております。

 

今回の話題は国民健康保険の減免。

 

まず、社会保障について基本的なことをお話ししますと、社会保障の手続きは、原則、『申請主義』ということです。

つまりは申請しないともらえない(減免しない)。これは、社会保障を利用する上でかならず押さえたい基本です。

 

一応、国民健康保険については、判定基準日(次年度の4月1日)に前年よりも収入が著しく下がっていた場合、

均等割額と平等割額の減免が自動的に行われますが、失業して直ぐ、などは申請しなければ減免はありません。

 

では、国民健康保険の減免申請手順です。

①まず国民健康保険へ加入する。
申請先は、自治体の市役所・役場です。
○持っていくモノ
・印かん
・健康保険等資格喪失証明書(会社や保険組合が発行するもの)
・本人確認書(運転免許証等)

 

基本的には、退職日14日以内に申請します。遅れた場合などは、役所に要相談です。加入の際には、減免の申請はできません。保険料の納付書が届くのを待ちましょう。

 

口座引き落としをその場で手続きできる自治体も多いですが、後の減免申請のことを考えると、納付書のほうが後の手続きがスムーズです。

 

②納付書が届いたら、減免申請をする
またまた、自治体の役所・役場へ行きます
○持っていくモノ
・印かん
・離職票などの『離職日』が確認できるもの
・本人確認書(運転免許証等)

です。これで後は申請用紙に書いて申請するだけ。

 

見込み所得を書く欄がありますが、ここは失業中ということで、ゼロを記入しました。

そうすると、国民健康保険料の算定基準である、

 

所得割がゼロとなります。

 

国民健康保険料の計算についてはコチラの記事を参考にして下さい。

https://fp-okayasu.com/entry2.html

 

算定基準を簡単に話しますと、国民健康保険料は、

所得割額+均等割額+平等割額+(資産割額)=年間国民保険料

が定められます。※資産割額は、自治体によってあったりなかったり

 

今回の減免は、所得割額が単純にゼロとなり、減免されたということです。

 

ただ、均等割額と平等割額は残りますので、完全にゼロにするということは基本できません。

 

ちなみに、生活保護申請の場合は、国民健康保険から外れて、医療費が無料になります。

 

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*

 

☆ファイナンシャルプランナーの知識と知恵を活かして、ご相談承ります★

ファイナンシャルプランナーの6分野である、

①ライフプラン(社会保障)・②保険・③金融資産運用・④不動産・⑤税金・⑥相続(贈与)の幅広い知識と知恵を活かして、

不動産に係るお客様のお悩みを不動産という枠にとらわれず、お客様のお気持ちを第一に聴き取りながら、最適なご提案をいたします。

 

★取り扱い物件☆

主に中古一軒家、中古マンションの売買が中心にしております。また仲介に限らず、

 

☑親が介護施設に入ったが、実家を売却しようか迷っていいる
☑不動産相続で兄弟姉妹揉めている
☑相続した実家が空き家になっている
☑資産が不動産だけで、相続税が用意できるか不安
☑我が家をリフォームしたけど、資金調達をどうしたら良いか分からない

など、不動産お悩み事の相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

☆お問い合わせはコチラから★

TEL:090-6060-4011

MAIL:kai.okayasu@remax-agt.net

 

Facebook:https://www.facebook.com/financilal.planner/
Twitter:https://twitter.com/kai_okayasu
Instagram:https://www.instagram.com/kaiokayasu/

もしておりますので、フォローお待ちしております!

ページトップへ