お役立ち情報・ネタ 2021.04.12 UpDate

MONDAY, APRIL 12, 2021

ニュースまとめ 〜不動産投資の6つのリスク〜 Yahooニュースより

6つのリスクとは

はじめまして!
23歳Z世代でsmall business専門不動産の悠煌(山田颯)です。今回はYahooニュースの「不動産投資 『恐ろしすぎる6つのリスク』を回避・解決する方法」という記事について感想と共に簡単にまとめていきます。尚、こちらの記事は『いつの時代も不動産投資 ゼロからの成功メソッド』(総合法令出版株式会社)より一部を抜粋・再編集したものをさらにコンパクトにした物です。

この記事を読むことで得られるベネフィットとして

これから不動産投資していきたい方
不動産投資の物件選びで困っている方、
まだ投資をしていない方は特に

「不動産についてのリスクを知れる」だけでなく、
その「実態」や「性質」についても知ることができます。

6つのリスクとは

空室リスク

項目名通りのリスクです。部屋が空いてないに越したことはありません。このリスクは地域分析をすることで回避できます。僕は加えて「ペルソナ分析」もお勧めします。

家賃滞納リスク

その名の通り、入居者が家賃を支払わないリスクです。法律的には入居者の権利が所有者のそれよりも優先されるので、慎重な行動を取る必要があります。

老朽化リスク

不動産の老朽化に伴う劣化等のリスクです。大きな不動産を購入した際、所有者自らリフォーム資金を貯蓄する必要があります。更に恐ろしいと感じたのは、手抜き工事というリスクです。上記のようなリスクは大規模修繕工事が既に終わっている物を購入する等で回避できます。

地震・火災リスク

このリスクの最も恐ろしいのはその損害が比較的大きいものであるということです。このリスクは「総合保険」への加入で対処できます。

インフレリスク

このリスクの問題点はローンを組んだ際に「金利が上がる」ということです。金利は5年に1度、最大で元の金利の1.25倍まで上がるということです(変動金利の場合)。急激には上がらないのでご心配なく。

流動性リスク

こちらは不動産の「性質」的な部分になります。不動産は現金化する際に4~5カ月ぐらいかかるのが一般的です。これは現金化しやすい株と比べるとより分かりやすいと思います。これには予め計画しておく「出口戦略」が有効です。また僕のおすすめのやり方として「If・Thenプロセス」があります。これは「If(もし〜の時)、then(その時〜する)」という形に落とし込むことです。

不動産投資には難しいイメージがありますよね!

しかしこれら「6つのリスク」を押さえておくだけでも、不要な損失は減らせれるのではないでしょうか。是非参考にしてみてください!

(本文は下記のオレンジボタンから!)

ページトップへ