不動産業界情報 2019.12.03 UpDate

TUESDAY, DECEMBER 03, 2019

マンション管理の情報がHOME’Sに

リージョナルスタッフ

鬼澤 翔太郎

ホームズにマンションの共用部に関する管理状況が来春より掲載予定!

「日本マンション管理士会連合会とLIFULLは11月28日、日管連が実施したマンション共用部の管理状況評価をライフルの物件情報サイト「ライフルホームズ」に掲載することで合意し、業務提携を決めた。来週めどにスタートする」住宅新報社12月3日号より一部抜粋。

「マンションは管理を買う」とも言われますが、現状だと一般の購入者が判断できない。
そこで、マンションの価値を向上させるためにも情報の開示をしようという動きです。共用部の管理状況について、日管連の定める資格を有するものが様々な要素を見て、S,A,Bなど評価を1万件つけてきた実績があるそうです。記事に明確にはなかったのですが、おそらくまずはこの1万件が公開されるだろうと思います。
情報の中には、修繕積立金等も評価項目の一部であるようですが、どう評価されているのでしょうか。国交相の定める修繕積立金の目安を元に面積で乗じた金額より不足する修繕積立金のマンションは多いと言われています。個人的にこのポイントについて最近情報収集しているので注目しています。

ページトップへ