エージェント活動 2022.05.23 UpDate

MONDAY, MAY 23, 2022

住宅ローンの金利と選び方

相続不動産エージェント

神元 明人

金融商品は、各銀行商品出しております。家の購入時、銀行を比較して選ぶことが大切です。賃貸住んでいると、急に旦那様が亡くなった場合、旦那様からの収入がなくなります。家賃は払い続けます。家を購入した場合、住宅ローン組んでいる債務者が旦那様だとすると、団体信用生命保険加入が義務なので、万が一亡くなったら住宅ローンの支払いは0円となります。ある意味、生命保険に入ってるような感じですね。


この住宅ローン金利が0.36%の優遇とか・・。住宅ローン控除使えたら金利0円違うの?となりますね。3大疾病など銀行の住宅ローン商品もあります。金利0.2%など上がる場合がありますが、ガンと告知されたら住宅ローン支払いがなくなるのです。うまく人生設計の中で住宅購入するのも一つの選択かもしれませんね。各銀行では、築年数で借入できない場合、金利、ローン保証料高くなるなど・・。各銀行ではかなり変わります。


住宅ローン事前審査、3社は銀行比べてください。


しかし、沢山出しすぎると個人情報に履歴が残ります。


何かあるのか?と住宅ローン担当者に疑われることもあるし、受付できないこともあるのでご注意をしてください。


住宅ローンを借入とだけと考えず、資産形成、生命保険という目線でもお考えになってくださいね。


ページトップへ