お役立ち情報・ネタ 2021.02.20 UpDate

SATURDAY, FEBRUARY 20, 2021

住宅ローン控除税制改正について

住宅ローン控除とは、原則的に「10年間」毎年末の住宅ローン残高の最大1%を所得税(一部住民税)から控除する制度です。2019年の消費税10%増税に伴い、一時的に控除期間が「13年間」に延長する特例が設けられました。当初、住宅ローン控除の期間延長は、消費税増税に伴う支援策として開始しました。しかし2020年になってからはご存じの通り、増税の影響というよりも新型コロナウイルスの感染の拡大による経済への影響が大きくなったといえるでしょう。また、床面積要件を50㎡以上から40㎡以上に緩和しました。具体的には、「2021(令和3)年9月末までに契約」かつ「2022年(令和4年)12月31日までの入居」が税制改正時の適用要件になる見通しです。


他いろいろな税制度改正されていますので随時ご案内致します


ページトップへ