エージェント活動 2021.11.22 UpDate

MONDAY, NOVEMBER 22, 2021

住宅ローン返済難しくなると・・・

正直不動産 不動産ソ-シャルワーカー

神元 明人


正直不動産シリーズ

住宅ローン返済で困ったとき、あわてないでください・・・




不動産の売却相談でもよくあるのが、住宅ローン返済相談です。コロナ禍、住宅ローン支払いが困ってる方など多くご相談ありました。



こんなご相談よくあります



住宅ローンの返済中ですが、今後支払いが困難になりそう



すでに数回滞納・延滞しています。これからの支払いできそうにない



数ヶ月滞納・延滞となり、金融機関から残債務を一括請求すると言われています



裁判所から競売開始通知が来ています



金融機関から連絡や延滞の通知が来ています



金融機関から書類が来ると驚きますね・・・



でも、金融機関から催促あるからってすぐに差押えとか、競売かかるとか、ございません。。。ご安心ください。



一時的な返済猶予も金融機関へ相談もできます。



返済できないから、すぐに競売か?となるとそうでもないです。

催促あってから1年ぐらい住めることも可能かもしれません。

支払い止まっても1年ぐらい住んで次の準備も出来るのです。

だから心配はないです。。。債権者が自宅へ来たりとかしません。法的にも守られています。



競売の流れですが・・・



約3カ月~6カ月

住宅ローンの返済が一定期間以上滞ると金融機関より督促状が届き驚かれるかもです。。。



約6カ月程度延滞となれば、金融機関から保証会社へ住宅ローンの一括返済の請求となり代位弁済手続きとなる



裁判所の差し押さえ登記が入る  (半年ぐらい後)

保証会社が住宅ローン債務者へ不動産競売の申し立てを裁判所にする・・・



その後、競売開始の入札なれば不動産会社などが外から見に来たりします。なんか見に来てる・・・と、言われることありますが直接来ることはないのでご安心ください。



競売となり入札となってもすぐ出ないとダメなわけではないです。入札した業者などに交渉して相談とか。残置物もそのままで出たって良いのでは?



競売で入札となっても安心してくださいね。



またその他、任意売却という方法もあります。

金融機関と交渉して競売となるまえに売却する方法です。

競売で入札の方が高く売れる状況もありますが、残債と住まいの売れる相場を調査必要ですね。

任意売却の方が融通ききやすいと思われます。

しかし、早めのご相談が大切です。遅くなると競売にかかってしまいます。



まず、どうしたいのか?一番良い方法は?

相談からこれからの対策を考えましょう!!



得策は必ずありますので・・・ご相談ください。


ページトップへ