お役立ち情報・ネタ 2021.03.08 UpDate

MONDAY, MARCH 08, 2021

住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律

ふ だんの


く らしが


し あわせに


これがふくし(福祉)だと言われています。当たり前の事ですが大切なことだと思います。住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律なども出来ています。


住宅確保要配慮者(じゅうたくかくほようはいりょしゃ)は、「低所得者、被災者、高齢者、障がい者、子育て世帯」と定められています。低所得者の基準は、月収が15万8000円以下の世帯とも言われています。空き家の増加住宅確保要配慮者の増加も法律のできた要因ですね。空き家が増加傾向にあり、2033年には「約3戸に1戸」が空き家になるといわれています。


国土交通省によると、2035年には「65歳以上の単身者」が700万人を超える推計・・・


政府は空き家を活用して、住まいの確保を支援する取り組みをはじめましたのが、住宅セーフティネット法です。


また、詳しく次回具体的にお話致します。


これからの空家・空地対策がとても重要な課題となります。


これからもセミナー等おこなってお役に立てる情報提供致します。宜しくお願い致します。


 


 


ページトップへ