ライフスタイル 2019.01.11 UpDate

FRIDAY, JANUARY 11, 2019

保険証が手元にない。そんな時でも3割負担で病院で診察が受けられる?

保険証がなくても受診できる方法とは…

※こちらの記事は音声でもご視聴が可能です。ご希望の方は下記ボタンをタップされてください。

こんにちは。世界NO,1 不動産会社「リマックス」エージェントの長谷川です。

(世界のエージェント数:12万人以上 進出国数:100ヵ国以上 年間取引件数:約150万件 RE/MAX JAPAN公式サイト:https://remax-japan.jp/about/ RE/MAX本社公式サイト:https://www.remax.com/)

今日は、保険証がない期間でも、医療費負担を3割で済ませる方法についてお話しさせていただきます。

一つ目が健康保険被保険者資格証明書というものです。

紙のカードですが、それを健康保険協会や日本年金機構に申請します。
この方法はちょっと時間がかかるので、あまり使いやすくはないかと思います。

二つ目は、病院と交渉することです。
私も以前行ったことがございます。

「今ちょっと保険証がないんですけれど」とご相談されると二通りに分かれまして、「後で追加の分を払ってください」もしくは「後ほどお金を返すのでそういう申請をしてもらえますか」というパターンに分かれます。

後者の場合が多いのですが、協会けんぽや健康保険組合などに療養費の申請を行います。

健康保険療養費支給申請書がホームページでダウンロードできます。

これを書いて提出していただくことで、一時的にお金を多く支払う必要がありますが、実質3割負担でのご利用が可能です。

こういった方法がございますので、ぜひご活用ください。

これは退職後保険証がない期間でも、またご就職後に保険証がない方でも使えますので、ご安心ください。

ページトップへ