お役立ち情報・ネタ 2020.05.20 UpDate

WEDNESDAY, MAY 20, 2020

僕のお婆ちゃんは認知症 最終話

前回の第1話、第2話、第3話を見ていない場合はコチラからお読みください。


 


⇒ 僕のお婆ちゃんは認知症 第1話


約8年前のお爺ちゃんがまだ生きていた時のことです。


ガンになり入院をすることになりました。


 


 


⇒ 僕のお婆ちゃんは認知症 第2話


高齢者を狙った●●な被害


家族会議の後に老人ホームの見学へ行くことに。


 


 


⇒ 僕のお婆ちゃんは認知症 第3話


ガンで亡くなったお爺ちゃんのお通夜、お葬式の時間を一緒に過ごす中で…


そして数か月後の話へ


 


 


お婆ちゃんのボケが進行している

お盆、正月、お爺ちゃんの一回忌、三回忌と会うたびに思いました。

お婆ちゃんのボケが進行していると…

孫の僕のことや、僕の兄弟のことは完全に忘れている…。


お爺ちゃんの七回忌を迎える頃。

お婆ちゃんは、もう息子であるお父さんや叔父さんのことも完全に忘れている…。

話をしていても、全然知らない他人と喋っている感覚。

会話の節々に出てくる知らない人たち

会話の節々に出てくる●●ちゃん、●●さん。

老人ホームの他の入居者と●●ちゃんの話をしている。


昔、家に住んでた時の隣の家の●●さん。

でも、そんな人は存在しないのです。


お婆ちゃんが言うには昔からの友達らしいけど。

ここまできたら、もう潔く話を聞けます。


(僕)

●●ちゃん元気にしてるん?

(お婆ちゃん)

元気や!

元気や!

と、答える。


誰のことなのか全くわからないが、

頭はボケてるが体はまだまだ元気で

ご飯もまぁまぁしっかり食べています。


会話も普通にしてるし、

笑顔で話してるし、

意外と元気です。

ある日のことです

お父さんがお婆ちゃんの

手の爪を切ってあげていました。


この光景を見た時に思いました。


【親がちゃんと認識できる時】に

親孝行しないといけないなぁと。


『生きているうちに』

とかいうけど、

どんな状態で生きているかわからないから。


そして、数日後のこと。

入院することになりました

お婆ちゃんが足の手術をするから

っということで、

病院に行き入院することになりました。


命に関わるような手術じゃないから

別に心配しやんでいいで!


っと、

お父さんからの連絡。


心配されていた手術も無事に終わりました。


が…

数日後の早朝にお父さんからの連絡

【急やけど お婆ちゃん亡くなったわ… 】



えっ!!!



衝撃過ぎて、

何も言葉が出なかった…。


命に関わるような手術じゃないって

言ってたやん!って思いながら…


あまりの急変の容態の悪化で、

お父さんもギリギリ間に合わず…


お婆ちゃんは静かに息を引き取りました。

お婆ちゃんが亡くなった時


【悲しい】


という感情よりも、


なぜか温かく


【安心した】


気持ちになりました。



お婆ちゃんが何かを伝えたくて、


亡くなる日を自分で


選んだのだと思わざるを得なかった。



認知症でボケてしまったけど、



本当は孫の僕のこと。



家族のことを忘れていないよ!



と。



そんなことを伝えたかったのではないか?と。



そんな気がしました。

先日、三回忌を迎えました



お婆ちゃんの命日




【 11月10日 】





この日は僕の誕生日でもあるから。





最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

ページトップへ