お役立ち情報・ネタ 2021.06.04 UpDate

FRIDAY, JUNE 04, 2021

地域共生社会とは?

制度・分野ごとの『縦割り』や「支え手」「受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が参画し、人と人、人と資源が
世代や分野を超えてつながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会を指しています。


いわゆる地域福祉です。まちづくりと福祉。この関係がこれからもっと大切な時代へと向かいます。また、高齢化の中で人口減少が進行している日本では、福祉ニーズも多様化・複雑化しています 。
人口減による担い手の不足や、 血縁、地縁、社縁といったつながりが弱まっている現状を踏まえ、人と人、人と社会がつながり支え合う取組が生まれやすいような環境を整える新たなアプローチが求められています。


人と人のつながり・・・これこそがセーフティネットですね。


地域福祉は大切な世の中。高齢者福祉、障がい者福祉、児童福祉、生活困窮者支援と幅広くある福祉を重層的に地域で見守れる環境がとても大切です。


ページトップへ