お役立ち情報・ネタ 2022.04.16 UpDate

SATURDAY, APRIL 16, 2022

家探しには、必ずネット環境を調べたい

京都のコミュニティ・ラボのエージェント小西です。


すっかり春らしくなりましたが、皆様の場所ではどんな春をお迎えでしょうか?


私の活動するフランクフルトでもマイン川の近くには、たくさんの人が

集まり日々を過ごしています。音楽を鳴らしてダンスをする人も

みかけます。


こちらでは新築アパートが建設されていますが、路上で

グラスファイバー設置中の現場の方も見かけます。

こちらの間取りは、日本のように壁があり、均一なのではなく

さまざまな多様なプランがあります。アパート選びをする人も

同じ間取りでも陽当たりや、ビューを選べますので

物件探しは楽しいでしょう。


移住や駐在では、ネット環境を調べた方が良いです。

ドイツの家探しは、Immobilen24というサイトから可能です。

このサイトに行くと、プライベートや不動産エージェントが掲載している

物件に出会えます。ドイツでは家探しが難しいというのは、単に

かなりたくさんの人が探しているので、エージェントの目に

情報が目に止まるのが難しいということです。


日本ですと不動産やさんに連絡したらすぐ返事が来ますが

こちらでが電話しても出ないというのはよくあることです。


ですので、メールで連絡した時に、譲れない条件を書いておくのが

ベストです。


・部屋の数、面積、バルコニー、テラスの有無

・1F,2Fなどの階数

・賃料(カルトミーテ:部屋のみの料金、ワルムミーテ:光熱費入れた料金)、

その他のネーベンコスト

・INTERNETについて、グラスファイバーか否か

・アルトバウか、新しいアパート希望

・エリアに関する条件(エリアだけでしぼるとなかなか物件は見つかりませんが

希望として)


Immobilen24のサイトでは物件の場所によって、ネットがカバーされているか

エリアチェックができます。


あるいは物件をお持ちの不動産エージェントに聞いてみましょう。


ドイツでは、エージェントから良い物件をもらう、というのが通常ですが

そのエージェントが忙しい、取り扱っている物件もさまざまですので

気を付けましょう。


ネット環境はますますデジタル化、オンラインでの

コミュニケーションやホームオフィスの必要性がありますので、物件確認時には

気を付けてチェックしましょう!


RE/MAXコミュニティ・ラボでは、海外のお客様のご相談もお受けしております。

京都の物件を買いたい、海外から帰国したいので日本で家を探したいなど

お気軽にお声がけ下さい。


ページトップへ