お役立ち情報・ネタ 2021.04.20 UpDate

TUESDAY, APRIL 20, 2021

家族信託での認知症対策

認知症になってしまうと・・・どのような問題があるのでしょうか?

賃貸したり売ろうと思ったときに、お母様が認知症で意識が低下してしまった場合、自宅は売ることも貸したり活用したりする時に契約行為ができなくなります。また、お母様名義の預貯金をおろしたり定期を解約しようとしても、簡単にはできないことになってしまいます。


家族信託とは、財産を持つ人が信頼できる家族に財産を預けて管理を行うための仕組みなんです。契約行為なので、認知症になってしますと契約行為できなくなり家族信託契約も無理になります。。。


認知症への備えの準備としても大切なことです。。。


 



  • 父親の体調も悪くなってきたし・・・

  • 先祖代々の土地を、確実に直系の子ども・孫に引き継いでほしい。

  • 相続税対策としての生前贈与を考えたい。。。

  • 再婚した親の相続の問題を解消したい

  • 愛犬のために考えたい・・・

  • 認知症となるまでに財産の整理をしたい・・・


 


等々、いろいろなお悩みあると思います。


家族信託及び相続対策は事前にすることが大切ですね・・・


ページトップへ