ライフスタイル 2019.01.18 UpDate

FRIDAY, JANUARY 18, 2019

有効求人倍率を肌で感じて不安を無くす方法とは?

有効求人倍率を感じる方法とは…

※こちらの記事は音声でもご視聴が可能です。ご希望の方は下記ボタンをタップされてください。

こんにちは。世界NO,1 不動産会社「リマックス」エージェントの長谷川です。

(世界のエージェント数:12万人以上 進出国数:100ヵ国以上 年間取引件数:約150万件 RE/MAX JAPAN公式サイト:https://remax-japan.jp/about/ RE/MAX本社公式サイト:https://www.remax.com/)

今日は有効求人倍率についてお話しします。

転職やパラレルキャリアプランの支援をさせて頂いてる方には、有効求人倍率の重要性を、簡単に言えば内定の取りやすさですから、お伝えしています。

この有効求人倍率というのは本当なのかと思われる方もいらっしゃるかと思います。

そういった時にどうすればいいのかと言いますと、感じてもらうこと、もしくは複数の角度から情報を入れる、このふたつがあります。

その一つ目の感じてもらうという方法を、今日お伝えしたいと思います。

例えばエンジニア系の有効求人倍率は、RPA系は10倍になっていたりします。

それを感じる方法は、よく「東京求人」「宮城求人」などで検索すると、リクルートの登録画面が出てきたりすると思いますが、それを使ってください。

自分の情報でも構いませんし架空の情報でも構わないのですが、メールアドレスを用意して登録します。

エンジニアで登録した場合と事務職で登録した場合で、圧倒的にスカウトメールの来る数が違います。
大体5倍から10倍ぐらいの差は付きます。

実際に見て頂ければ、本当にエンジニアなど有効求人倍率が高くなっています。

この職種は本当に世の中から求められている、これなら今技術習得してもちゃんと内定をもらえそうだ、という自信が得られたり、不安の解消に繋がったりもしますので、是非試してみてください。

以上です。

ページトップへ