お役立ち情報・ネタ 2021.03.05 UpDate

FRIDAY, MARCH 05, 2021

相続対策の一つとして家族信託とは?

正直不動産 不動産ソ-シャルワーカー

神元 明人

家族信託とは「家族に自分の財産を信じて託し、代わって管理してもらう制度」です。


家族に財産を託すことにより、「柔軟に財産管理・運用・処分」や、「自分の望むかたちの相続」が可能となるのです。


こんなメリットあります


1、認知症による資産凍結対策


2、成年後見制度となる代わりとして柔軟な財産管理ができる


3、自分の思い通りの資産承継の道筋が実現


というように認知症なると裁判所の許可なければ資産が動かせない。老人ホームへ入所となっても居が必要となるなど。つまり、認知症による資産凍結対策、資産凍結回避の先にある相続税対策や空き家対策、あるいは事業承継対策、共有不動産の塩漬け回避策、親なき後問題への備え・・・など様々なニーズに応えうる「手段」であるという正しい理解のもと、まずは本人及び家族の“想い”を皆で共有した上で、手段の一つとして利用してもらいたいです。


相続が争族とならないためにも、私も一緒に考えていきたいと思います。


相続や家族信託でお困りあれば私ども相続鑑定士にご相談ください。


iCAN 全国相続鑑定協会|公式サイト | 全国相続鑑定協会 (ican88.org)



 


ページトップへ