お役立ち情報・ネタ 2021.03.06 UpDate

SATURDAY, MARCH 06, 2021

相続登記を義務化所有者不明土地対策、関連法案を決定

相続登記を義務化 所有者不明土地対策、関連法案を決定


政府は5日の閣議で、所有者不明土地問題を解決するため民法など関連法の改正案を決めた。土地の相続や所有者の住所を変更した際の登記申請を義務化し、違反した場合は過料を科す。管理が難しくなった土地を国庫に返納できる制度を新設し、持ち主が誰かわからない土地の管理を強化するとのことです。


分からない理由は相続登記の不備が66%、住所を変更していない例が34%を占める。改正案は適正な登記を促すため、不動産登記の制度を改正する。


これまで任意だった相続と住所変更の登記申請を義務化する。相続は土地の取得を知ってから3年以内、住所変更は2年以内に申請しなければならない。違反すれば相続は10万円以下、住所変更は5万円以下の過料を設けるとのことです。


放置した土地や戸建てが有効に活用されたら経済も活性化しますね・・・期待をしています・・・


 


ページトップへ