お役立ち情報・ネタ 2021.05.02 UpDate

SUNDAY, MAY 02, 2021

福祉と住宅について

福祉の中でも、生活保護者の住宅扶助について、なかなか行き場所なく困惑している状況。ケアマネージャーさんからは、生活保護者の施設などが見つからず困っているのが現状です。


生活困窮者支援での住宅セーフティネットはとても大切な動きですね。


住宅セーフティネット法とは、低所得者や高齢者など、住まいの確保がむずかしい人々を支援するために制定された法律です。正式名称は「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律」といいます。住宅確保要配慮者(じゅうたくかくほようはいりょしゃ)は、「低所得者、被災者、高齢者、障がい者、子育て世帯」と定められています。


「住宅確保要配慮者の居住支援」は、都道府県が指定した居住支援法人が、入居者の相談・見守りといったサポートをおこないます。


まだまだこれから大切な支援活動となります。福祉と不動産は居住者支援としてチームになってやらないとダメな活動です。。。


がんばります!


ページトップへ