ライフスタイル 2019.01.18 UpDate

FRIDAY, JANUARY 18, 2019

職業訓練校のテストや審査ってどんな問題が出るの?面接対策はどうすればいいの?

どんな対策をすればいいの?

※こちらの記事は音声でもご視聴が可能です。ご希望の方は下記ボタンをタップされてください。

こんにちは。世界NO,1 不動産会社「リマックス」エージェントの長谷川です。

(世界のエージェント数:12万人以上 進出国数:100ヵ国以上 年間取引件数:約150万件 RE/MAX JAPAN公式サイト:https://remax-japan.jp/about/ RE/MAX本社公式サイト:https://www.remax.com/)

今日は職業訓練校に通うための試験の内容等について、お話しさせていただきたいと思います。

インターネット上では試験の内容が難しいと言われていますが、果たしてそこら辺はどうなのかを、インターネット上の情報や今までのお客様からの情報を聞いて、お伝えいたします。

まず試験なんですが、会場は各地域でバラバラなのですが、試験の内容、特に多いのは国語と数学です。

国語はイメージとしては高校レベル です。
正しい漢字はどれなのかとか、並び順とかですね。

例えば、薔薇という漢字を逆にして、どちらが正しいか選ぶ問題が出たりします。
数学は例えば、軌跡の面積を求める問題や、2 a +2 y =4とか4 B +3 Y =6という高校レベルの計算が出たりします。

ただ、こういうペーパーテストは実はあまり重視はされてないという風に言われております。

実際、5%から10%ぐらいしか多分正解はないですっていう方でも、受かってる方が結構いたんです。

それはなぜかと言うと、面接の方が重視されるからです。

例えば、プログラミング系の訓練校に通われた方から聞いた情報によると、面接の質問で、「なぜソフトウェア管理課を志望されたのか具体的に教えて下さい」「受かったとして入校後何をしますか」などの質問がありました。

結構テンプレな質問がされるということです。
結局この方はしっかり回答して、合格されました。

ちなみにこの方は、3%ぐらいしかペーパーテストは答えられなかったらしいです。
ということは、面接の方が重視されるということになります。

ぜひご参考にされてください。

ページトップへ