お客様の声 2021.03.27 UpDate

SATURDAY, MARCH 27, 2021

買取再販業者とは?売主不動産業者の実態

私が、事業主不動産会社として営業してた経験からお話させて頂きます。


最近の不動産市況とは?どうでしょうか?コロナ禍、不況となるのでは?と思ってますが、株価上昇、不動産市場もよく購入者が増えており、売物件不足となっています・・・


コロナ禍、融資も出しやすい環境。企業もお金があるので投資などに流れているのだと思われます。


中古マンション、中古戸建を不動産業者が買取してリノベーションして再販として市場に出すのが販売中となっています。


例えば、不動産業者が1000万円で買取りました。そこから経費として不動産仲介業者から購入すると仲介手数料(購入時及び再販売時)と2回仲介手数料支払います。リフォームして350万円、不動産取得税、税金、登記費用など諸経費もプラスして原価の計算します。諸経費だけでも600万円ぐらい。そして利益200万円としたら800万円プラスして再販売をします。


よって、1000万円で買取りして、1800万円ぐらい。2000万近くでリノベーション物件として市場に出ます。しかし、売れるかどうか?リスクも当然負います。事業資金として利息も払っています・・・。


私も、不動産買取業者で勤務経験あります。個人的に年間4000万円利益出したとしても1000万円ぐらいは赤字を出しています・・・。これが現状です。


不動産買取業者もリスクの中、買取再販事業しております。


しかし、高く売却したいなら、まず、一般仲介で個人売買することが一番です。


買いかえ先は決まって早く売りたい、資金回収で早く売りたい、相続の早期処分、転勤、老人ホームへ急遽入居するが資金がない・・・等。緊急性あるとき、買取業者に買取してもらうことも一つの方法だと思います。


そんな、いろいろな環境の中、考えられています。よって、皆さんの要望に沿えるように頑張りたいと思います。


宜しくお願い致します・・・


 


ページトップへ