ライフスタイル 2019.01.18 UpDate

FRIDAY, JANUARY 18, 2019

退職っていつ完了するの?言った時じゃダメなの?

退職届は出した方がいいの?

※こちらの記事は音声でもご視聴が可能です。ご希望の方は下記ボタンをタップされてください。

こんにちは。世界NO,1 不動産会社「リマックス」エージェントの長谷川です。

(世界のエージェント数:12万人以上 進出国数:100ヵ国以上 年間取引件数:約150万件 RE/MAX JAPAN公式サイト:https://remax-japan.jp/about/ RE/MAX本社公式サイト:https://www.remax.com/)

本日は退職するにあたって、どのタイミングで退職が完了するのかということをお話しさせて頂きます。

結論から申し上げますと、意思表示があった時に退職は完了致します。
つまり、いつ辞めますと言ったのかが重要です。

よく、退職届を受理されてからが退職だという方もいらっしゃいます。

確かにそう言ったやり方の方が証拠が残るので有効性はあるんですが、実際日本の法律上は、やめますと言ったり何かしらのメッセージを伝えられたのがいつなのかというところが大事になってまいります。

あくまで退職届というのは証拠だとお考え下さい。

言葉でしたら証拠が残りにくいので、退職届の場合はそういった証拠を残すことができるということになります。

例えば退職届を出されなかった場合の不利な点と致しましては、勝手に退職理由を自己都合にされてしまったりするケースもございます。

「傷病のため」、「精神疾患のため」、「親の介護のため」などとしっかりお書きになられた上で退職届を出されれば、健康保険、雇用保険、離職票の発行の時などに離職理由をあちらが確認することになります。

そういった点で退職届は有効性の高いものになります。

ぜひご参考にされてください。

ページトップへ