ライフスタイル 2019.01.18 UpDate

FRIDAY, JANUARY 18, 2019

離職票の離職理由が自分が言ったのと違う扱いになってる…どうすれば?

どう対応したらいいの…

※こちらの記事は音声でもご視聴が可能です。ご希望の方は下記ボタンをタップされてください。

こんにちは。世界NO,1 不動産会社「リマックス」エージェントの長谷川です。

(世界のエージェント数:12万人以上 進出国数:100ヵ国以上 年間取引件数:約150万件 RE/MAX JAPAN公式サイト:https://remax-japan.jp/about/ RE/MAX本社公式サイト:https://www.remax.com/)

例えば、傷病手当を受ける方、雇用保険の失業給付を受ける方、また職業訓練を受ける方、そういった方であれば、退職時の理由というのは非常に重要になります。

離職票に、ご自身が想定されていたものとは違う書き方をされてしまう可能性も、場合によってはございます。

会社側が、何かしらの間違い、もしくは意図的に退職理由を変えてしまうということは、たまににございます。

そういった場合、どのような対策を打てばいいかと言いますと、離職票をしっかり確認するということです。

離職票の右側に、数字や行動がありますが、そういう所をご確認頂いた上で、しっかり申請等にご活用いただければ、それで間違いがなくなります。

もし間違っていた場合は、ハローワークに相談するか会社側に連絡を取ることで対策は打てますので、ご安心ください。

ぜひご参考にされてください。
以上です。

ページトップへ