不動産投資 2019.02.22 UpDate

FRIDAY, FEBRUARY 22, 2019

民泊投資を始めるなら、絶対押さえておきたい3つのポイント!

民泊投資を始めるなら、絶対押さえておきたい3つのポイント!

民泊投資を始めるにあたって、絶対に押さえておきたいポイントが3つあります。民泊投資を成功させるには、他の民泊との差別化をはかってリピーターを増やすことが肝心です。ここでは、そのために必要なポイントをご紹介します。

■物件の探し方

民泊を始める方の中には、自宅の一部を民泊に開放したり、所有する物件を民泊に当てる方もいます。この場合はすでに物件があるので別ですが、これから民泊用に物件を探す際のポイントをご紹介します。

「立地」

まず、重要となるのが立地条件です。ただし、民泊の立地条件は普通の物件探しとは違います。普通の物件なら駅から近いとか、周囲の環境などが重要となりますが、民泊の場合は周囲に外国人観光客が興味を持つものがあるかどうかがポイントです。

このため、民泊の周辺に人気の高い観光エリアがあれば申し分ありません。しかし、有名な観光エリアの周辺にはすでに多くの民泊があり、これから進出するのは困難です。

そのため、これから狙い目となるのは、観光地から少し離れた地域です。しかし、この場合は交通のアクセスが良いことが絶対条件となります。

「収容人数」

外国人観光客の中には、10名以上の団体客も少なくありません。そのため、収容人数が多い民泊ほど予約を取りやすくなります。通常のホテルや旅館は大人数に対応する部屋が限られているため、安く泊まりたい団体客が民泊に流れる傾向にあります。

「エレベーターの有無」

2階以上の物件の場合、エレベーターは必須です。古い物件ではエレベーターがない場合もありますが、旅行者は重いスーツケースを持って移動しているため、エレベーターがない民泊にリピーターはつきません。物件の探し方として、通常の借主が嫌がる環境の物件も狙い目です。

たとえば、墓地の近くやラブホテル街などは借りる人が少ないため、家賃も低めです。このような場所でも一時的な滞在者には問題とならないため、こういった物件は民泊にはうってつけです。

■掲載する写真

民泊を成功させるには、掲載する写真が重要となります。民泊を選ぶ旅行者は多くの民泊をネットで見ますが、ほとんどの場合写真を見て決めてしまいます。どんなにいい部屋を用意しても、それが選ぶ人に伝わらないと稼働率は上がりません。

特に押さえておきたいのは家具とアメニティの写真です。どんな家具とアメニティがあるかによって、快適に滞在できるかどうかが決まります。アメニティを重要視するのは男性よりも女性ですから、女性目線になって必要なアメニティを揃え、それを上手に写真で紹介しましょう。

■民泊運用代行会社の選定

民泊運用代行会社には、清掃から予約、トラブル対応などを委託します。そのため、民泊運用代行会社の選定は非常に重要です。

特に近隣とのトラブルは、うまく処理できないと訴訟に発展するおそれもあります。民泊運用代行会社を選ぶ際は、ネットの口コミなども参考にするといいでしょう。

以上3つのことを意識しながら、運営の準備をして見てください。
運営をスタートする前が一番大事です。

ページトップへ