不動産コンサル 2019.07.19 UpDate

FRIDAY, JULY 19, 2019

【老後対策】老後資金として注目されている『リバースモーゲージ』とは?

「リバースモーゲージ」とは?

老後の年金不安が話題となる中、老後資金として「リバースモーゲージ」が注目されております。

リバースモーゲージは、

①マイホームに住み続けたまま

②マイホームを担保にして資金を借り入れ

③生存中は利息のみ返済し

④元本は死亡時にマイホームを処分して一括返済する

というものです。

 

借り入れの形態には、

一括方式(通常のローンのように最初に必要な資金を一括で借り入れ)

年金方式(毎月一定額を借り入れる方式)

リボルビング方式(借入枠を設定してその枠の範囲内で借りたり返したりできる)

があり、お金の使い道は原則として自由です。

 

通常のローン借り入れの場合は、毎月決められた額を返済することになりますが、リバースモーゲージの場合は、金利の支払いのみで元金の返済は生存中は不要です。

そのため、老後資金に不安がある高齢者に注目されております

但し、リバースモーゲージ特有のリスクもありますので、メリット・デメリットを見ていきましょう。

「リバースモーゲージ」のメリット

リバースモーゲージの主なメリットは次のとおりです。

 

・高齢者でも借り入れできる

・マイホームを売却しなくても大きな資金が手に入る

・元金は死亡時まで返済不要

 

通常のローンでは難しい高齢者の借り入れができることも大きいですが、なんといっても、住み慣れたマイホームに住み続けながら、自由に使えるまとまった資金が手に入ることが最大のメリットといえます。

また、元金は死亡時まで返済不要なので、借りた資金で、老後の生活をより豊に過ごすことができます。

「リバースモーゲージ」のデメリット

リバースモーゲージの主なデメリットは、次のとおりです。

 

・土地の価格分程度しか活用できない

・不動産価額の低下により融資額が低下するリスクがある

・マイホームを子供や孫に残せない

 

リバースモーゲージは金融機関にとって、非常にリスクが大きいものです。

資金を回収できるのは、利用者の死亡時という遠い将来であるため、一般的に建物の価値は見込めませんので、リバースモーゲージは土地評価額の一定比率が限度額になることが多いのです。

また、金融機関は数年に1回、担保不動産を評価することになっており、評価が下がれば、それに合わせて融資限度額が引き下げられます。

評価額の下落幅が大きく、借入残高を下回るような場合は、差額を返済しなければならない可能性もあります。

更に、死亡後にマイホームを売却することを前提としているため、子供や孫に残してあげることができないため、家族の理解を得にくいという問題点もあります。

他にも、長寿化により、借り入れた資金を使い切ってしまうというリスクも想定されます。

まとめ

高齢化が進む中、今と同じ水準の年金が受け取れる保証はありません。

そのため、リバースモーゲージは、一般の方々にとって最大の資産といえるマイホームを、老後の生活資金のために有効活用できる有力な選択肢の一つであるといえます。

但し、場合によってはマイホームを売却したり、一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)の「マイホーム借上げ制度」を利用して賃貸した方が良い場合もありますので、家族とよく話し合って決めるようにしてください。

(「マイホーム借上げ制度」については、こちらの記事もご覧ください。)

持ち家を年金化する『マイホーム借上げ制度』とは?

RE/MAX JIP エージェント

矢 吹 竜 一

E-mail:ryuichi.yabuki@remax-agt.net

 

(※Myブログ『住宅問題.com』から抜粋・リライト)

 

ページトップへ